FC2ブログ
















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

6.朝比奈未来の貞操の危機!

あたしは天宮さんから危ない事を聞かされて。。思わずこう言ってしまったのよね。。

口封じって。。どうすんの。。まさか?殺すとかは言わないよね?」

「ひぃぃぃ~!!!」

「ばかね。。そんなことするわけないじゃん!」

「じゃぁ。。どうすんのよ?」

「そんなの簡単じゃないの?あたしたちの牝奴隷にしちゃうのよ!」
牝奴隷みくる
「。。。め。。牝奴隷って。。?」

「未来(みく)ちゃんの処女を奪って、あたしたちの牝奴隷にしちゃえばいいじゃない!」

「本気でいってんの?」

「本気よ!それに。。こんな子があたしたちの部で、マスコット牝奴隷なんて、萌えるんじゃない?」

(。。それは。。それで、見てみたい気もするわね。。。)

。。あたしは天宮さんの言葉で、らしからぬ妄想をかきたてられていた。。。

「ふふっ。。未来ちゃん。。なに?。。なんか。。期待してんの?こんなに濡らして!」
牝奴隷朝比奈未来
。。天宮さんは先ほどから朝比奈さんのあそこを弄っていた手を朝比奈さんの目の前に翳したのです。

「未来(みく)ちゃんのがこんなに。。糸を引いてるわよ。。。」

「ち。。ちがいますぅ~!」

そういうと。。また、天宮さんは朝比奈さんのあそこに手を当てて。。

「でも。。未来(みく)ちゃんのあそこ。。。ひくひく震えながら。。やらしいを垂らしてるけど。。?」

「さ。。さっきから。。天宮さんがぁ~!ぁ。。あたしの。。あそこぉ~いじるからぁ~!」

「まぁ。。いいわ、ちょっとまってて!!!」

天宮さんは。。朝比奈さんの横に置いてた袋の中から。。ごそがさっと。。。何かを取り出したのです。。。そして。。その取り出した物を朝比奈さんの目の前に翳したのです。

「じゃぁ~ん!」

「ひぃっ!」

「これよ。。これ。。これって凄いのよ!。。あそこと。。未来(みく)ちゃんの大事なお豆ちゃんを一緒に刺激すんだから。。それに。。これって。。本物に近いから。。未来ちゃんも満足できるわよ。。」

。。それは。。なんか。。男性シンボルを模したような物で、その根本の所に別の枝が分かれているような物でした!あたしはそのやらしさに目を見張ってしまい、思わず天宮さんに向かってこう言ったのです!

「それ!なんなのよ!!!」

バイブにきまってるじゃん!!!」

「そんなのどこで買ったのよ?」

通販に決まってるでしょ?」

。。。そういうと、そのスイッチを入れたのです。それはヴィーンと音を立てながらぐりんぐりんといやらしく回っているのです。。。あたしはそれを見たとたんに何故か喉が渇いて、手に汗をかいていたのでした。。。

「さぁ。。未来(みく)ちゃん!これで。。あなたの処女を奪ってあげるわね。。。」

「ぃ。。いやぁぁぁ。。!!!そ。。そんな。。そんな大きいの。。入りません!!!」

「大丈夫よ!未来(みく)ちゃん!これだけ濡れてれば入るわよ!」
牝奴隷未来
「ぃやぁぁぁぁ。。。。やめてぇぇぇ。。。!!!」

。。あ。。あたしは。。生唾をゴクリと呑むと。。身体全体が熱くなるのをおぼえたのです。。

でも、こんな光景をまじまじと。。ただ。。佇んで。。見つめているのは。。あたしだけでしょうか。。。?


。。もっと聞きたいかな?。。じゃ。。次回お話ししますね。。。
(次回へ続く)






新・奴隷への誘惑本編の目次へ
みくる
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
応援してネン❤
[ 2009/09/24 23:48 ] 朝倉響子編 | TB(0) | CM(1)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2009/09/26 07:02 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://isthrine.blog14.fc2.com/tb.php/26-9a68cf34















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。