FC2ブログ
















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

10.3人の秘密の出来事。。。

「キョンさんのあそこ。。甘い匂いがします!」

そういうと、朝比奈さんはあたしの濡れたあそこに顔を埋めて、あたしのワレメにそってキレイに舐めあげてくるのです。あたしは。。先ほどからの朝比奈さんの痴態を見て興奮していたのでしょうか?朝比奈さんからあたしのワレメを舐められる度に身体が痙攣して、ワレメから熱いが溢れだしてくるのです。。身体中も火照ってくるのを感じてしまいます。

「んんっ。。ぁんっ。。ぁぁぁんっ。。。だ。。。ダメ。。ダメなんだからぁ。。。。。!!!」

。。朝比奈さんはあたしの熱いをおいしそうに舐めてしまうと顔を上げてこんなことをいったのです。。。
恥じらう朝倉未来
「キョンさん!もし。。お嫁に行けない身体になったら。。もらってくれますか?」

朝比奈さんは頬を染めながら虚ろな目をであたしを上目遣いに見つめているのです。

(。。って。。これって告られてる?)

。。あたしは朝比奈さんのその一言にどきどきさせながら。。こう答えてました。。

「ぁんっ。。ぁぁぁんっ。。な。。なんで。。んんっ。。そ。。そんなことを。。。?」

「ふふっ。。だって。。あたしの処女を散らされそうになったときにキョンさんが庇ってくれたくれたじゃないの?あたしね。。そんとき思ったんだ。。。キョンさんならあたしの処女を捧げてもいいかも。。って。。」

そういうと、恥ずかしさを隠そうとするかのように紅い顔をした朝比奈さんはあたしのワレメを舌でこじ開けて、あたしの花弁の中心に舌を入れてきたのです。。

「んんっ。。ぁぁんっ。。ぁんっ。。。やんっ。。ぁぁぁ。。。ダメぇぇぇ。。。。!!!」

朝比奈さんはトロリと溢れてくるをジュルジュルと啜るように舐めると、こう言ったのです。

「キョンさんの花弁も甘くておいしい。。。」

「んんっ。。そ。。そんな。。そんな。。ぁんっ。。そんなこと。。な。。ぁんっ。。」

「キョンさん!あたし名前は未来(みく)だけど、中等部の時から未来(みくる)って呼ばれてるの!なので、あたしのことを未来(みくる)ちゃんってお呼びください。。。」

そういうと。。朝比奈さんは頬を染めたまま、こんどはあたしのお豆ちゃんの皮を舌で捲り上げて、お豆ちゃんの頭を念入りに舐めていきます。。。あたしは身体を震わせながらたまらずに朝比奈さんの頭を両手で引きつけるとあたしのあそこに密着するように押し付けたのは言うまでもないです。。

「ぁぁぁぁんっ。。だめんっ。。だめぇ。。。だめなんだからぁ。。ぃやぁぁぁぁ。。。!!!!」

。。あたしは。。あそこ花弁の中心から何かが込み上げてくるのを感じ。。朝比奈さんの行為になすすべもなく。。身体をわなわなと震わせていたのです。そして。。あたしは背中を反り返らせると身体中から力が抜けてしまい。。ぺたんと床にお尻を着いてしまったことにも気が付かなかったのです。

「。。ぁんっ。。んんっ。。はぁはぁはぁはぁはぁ。。。。」

そんな、あたしの顔の前に天宮さんが自分の溢れ出たで濡れたあそこを近づけて。。。

「キョン!あたし。。の。。あ・そ・こ。。も。。な・め・て!」
天宮沙樹
。。っていうのです。そこから見た天宮さんの顔は火照ったように紅潮して、虚ろな目であたしを見下ろしてるのが分かります。。。天宮さんのあそこ。。は。。甘い花ののような匂いがしました。。あたしはそのに引きつけられる蜂のように天宮さんのあそこに顔を埋めて、思わず舌を這わせていたのです。。

「ぁぁぁぁんっ。。き。。キョン。。ぃい。。ぃいのぉ。。。。ぁぁぁんっ。。ぃぃいい。。!!!!」

。。。そういいながら天宮さんはあたしの頭を両手で自分のあそこに押し付けて、身体を震わせています!。。あたしは。。もう頭に血が昇ってなにがなんだかわかんなくなってしまい、気が付いたら。。何かに取り憑かれたかのように。。あたしは。。天宮さんの可愛いお尻に手を回して、天宮さんのひくひくさせながらいやらしいを垂らしているあそこを貪るように舐めていたのです。そして。。

「んんっ。。ぁんぁん。。ぁぁぁんっ。。ぁふんっ。。ぁんっ。。ぃくんっ。。ぃくっ。。キョン!ぃっちゃうよぉぉぉ。。。!!!」

「ぁぁっ。。あたしも。。くる。。くるのぉ。。きちゃうよぉ。。ぁぁぁんっ。。だめぇ。。いやぁぁぁぁ!!!」

。。あたし達2人は快楽の声を上げながら同時に快楽の高みに昇り詰めていたのです。快楽の余韻の中で、誰かがなにかいってるようですが。。あたしは何が何だか分かんなくなって、頭が真っ白になって、意識が薄れていくのを覚えたのです。。。

。。気が付くと。。あたしは全裸にされて。。縛られて、身体の自由を奪われていた上にMの字に足を広げさられていたのです。そして。。あたしの濡れたあそこを朝比奈さんがカメラで写して。。えっ!?カメラ!!!!
拘束された朝倉響子
あたしは思わず。。こう言ったのです!

「な。。な。。な。。なにしてんのよ!!!」

「なにって、記念撮影に決まってるでしょ?」

。。って天宮さんはいったのです。朝比奈さんも顔を赤らめながらくすくす笑って。。
頬を紅く染める朝比奈未来
「キョンさんのあ・そ・こ!いやらしく撮れてるわよ!!!」

「なっ。。。!!!」

。。朝比奈さんまで。。あたしは。。もしや。。とは思うのですが。。あたしのいやらしい写真を盾にとって、天宮さん達があたしを思うがままに使役する。。なんて。。。そんな。。恐ろしい考えを思い起こさずにはいられなかったのです。

(。。天宮さんなら。。あり得るわね!!!)

。。あたしはそう思うと、思わずこう言ってしまいました。。。

「そんな写真を盾にとって、あたしをあなたの思い通りにさせようってんじゃ。。?」

あたしは。。そういいながら不安がちに天宮さんをみると。。天宮さんはにやり。。と意味ありげな顔をしていたのです。あたしは天宮さんのその表情をどきどきしながら見つめていました。そして、冷や汗が滲んでくるのを感じずにはいられないことは言うまでもないです。。。

ふふっ。。もっと聞きたいかな?。。じゃ。。次回お話ししますね。。。
(次回へ続く)




新・奴隷への誘惑本編の目次へ
みくる
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
応援してネン❤
[ 2009/10/16 07:00 ] 朝倉響子編 | TB(0) | CM(1)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2009/10/18 20:29 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://isthrine.blog14.fc2.com/tb.php/30-cb6d8543















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。